安全運転支援の目指しているもの

安全運転支援の目指しているものは究極の安全性の車です。安全運転支援が確立されてすべての車がこの技術で自動運転車となれば、交通トラブルがゼロになるということも不可能ではありません。トラブルが起きるということは、この技術の不具合があるということですから、この技術をどんどんと改善していくことで、限りなく発生数をゼロに近くしていくことが出来るということになります。人はどんなに技術が向上しても限界がありますし、加齢によって技術が衰えたりすることもありますから、この技術によって限りなく安全な車が登場するということになるのが、大きな魅力といってもいいでしょう。交通トラブルがなくなるということは、今の社会問題を大きく解決するとともに、交通渋滞もなくなることになるので、交通革命にもなるでしょう。

安全運転支援によって究極の安全社会が誕生する

安全運転支援によって究極の安全社会が誕生することになります。何しろ自動運転ですから概念的には交通トラブルはゼロになるということですから、正に今の社会問題を一気に解決してしまうような技術となる可能性を秘めているのです。人の運転技術というのはとても不確かなもので、今でも数多くの問題を抱えています。アクセルとブレーキを踏み間違えるようなミスは当たり前のように聞きますし、高齢者の高速道路の逆走や認知症患者の扱いなど、人による運転というのは数多くの問題を抱えていることになります。それが、自動運転となれば一気に解決をすることになります。人が運転をしないことの安全性というのは、計り知れないないものですし、人工知能はどんどんと技術を進歩させることができるので、より安全性の高い世界が出来るかもしれません。

自動運転になれば交通違反も無くなる

自動運転では交通違反がなくなるということも大きなメリットです。基本的に車が交通法規を無視することは無くなるので、暴走族というものもいなくなります。人が車を運転するということが出来なくなれば人による、交通渋滞などもなくなります。意味なくブレーキを踏んだりすることが無くなるので、こうした渋滞もなくなるわけで、首都圏の交通事情というのも激変することになるでしょう。スピード違反を取りしまるようなこともなくなります。場合によっては信号なども無くせることも出来るかもしれないわけで、この技術は正に多岐にわたる影響も考えられることになるでしょう。基本的に全てが安全になる、より便利になるというポジティブなことばかりなのが、この技術のすごいところです。一刻も早い導入が期待されるところです。