安全運転支援のある未来のわたしたちの生活

安全運転支援のある生活が未来は実現することになりそうです。それもかなり近いうちに実現することが考えられています。既に自動運転を試験的に実施しているところも出てきていて、米国などでは街中を試験的にですが、安全運転支援の技術で走る自動運転車が走っているところも出てきているのです。人工知能という新しい画期的な技術が出てきたことで、車の安全運転支援の技術というのは夢の技術から、既に実際に使われる実用的な技術になってきたといえるところまで来ている状況です。このままいけば、数年後には日本でもこの技術を搭載した自動運転車というものが街中でも見られるようになることも考えられます。数十年後にはほとんどの車が自動運転車というようなことも可能になるのかもしれません。

人の出来ることは人工知能で出来る

今の人工知能の技術はすごいもので、なんと囲碁や将棋の名人を凌駕するまでになりました。セルフラーニングという自分で経験を積んで自分を成長させるという新しい技術を獲得した人工知能には、人が経験で身につけることは何でも身につけることが出来るといわれるまでになりました。つまり、人が出来ることは人工知能にも出来るということが当たり前になってきたのです。ということは、当然運転技術も身につけることが出来るというわけです。人は経験によって運転技術を身につけるわけですから、人工知能もこれが出来ます。しかも、経験を瞬時に自分でシュミレーションして重ねていくことができるので、圧倒的な速さで圧倒的な技術を身につけることが出来るので、未来はより安全に車に乗れるようになると考えられます。

既に自動運転車が走っているところもあります

米国などでは既に自動運転車が走っています。まだ試験中ということで、人が乗ってハンドルを握っていますが、運転は一切していないという状況でデータをとっているという段階にまできているのです。データをとって安全ということが確認できるようになれば、実施ということで安全運転支援の車が現実に街中を走り出すということができるようになります。これはそう遠いことではないでしょう。既に試験段階にきていて、実際の道路を走っている自動運転車があるわけですから、数年もすれば実現することになる可能性が高いはずです。何しろ人よりも運転技術が優れていることは間違いがありません。交通法規に違反することもなくなるわけですし、ほとんどの車が自動運転車となれば、今より格段に安全性は高くなるでしょう。