安全運転支援が一般に普及するのはいつになる

安全運転支援が一般に普及するのはいつになるのかは未定ですが、そう遠い話ではないというのも事実です。早ければ数年後には日本でも見られるようになるかもしれません。十年もたてば安全運転支援の車が当たり前ということになっているのかもしれません。それぐらいに安全運転支援の車は近づいているということがいえます。既に試験段階でデータを採取している段階に来ているものもあるので、そうした車は安全が確認でき次第に導入ということになるでしょう。普及という意味では既にもう間近といえるのかもしれません。何しろ安全性という点では人間とは比較にならない技術ですから、普及が早ければ早いほどいい技術です。今最も注目されている技術でもありますから、一度導入されればあっという間に普及することが考えられます。

既に今は試験でデータを採取する段階に

安全運転支援の技術は既に今は試験段階で、データを採取して安全性の確認作業に入っている段階です。つまり、技術的に基本的なところはクリアしていて、街中を実際に自動運転で走って安全性の確認の段階に入っているということです。何をもって安全というのかは難しいところですが、人の運転に比べれば安全性では格段に上の段階にあるというとこが言えるので、今よりもはるかに高い基準で安全性が確認されているところです。実際に普及となるとコストなどでクリアするべき課題も多くありますが、安全性という点では人とは比べ物にならないですし、交通ルールを守るという意味でも期待が高まります。暴走族のようなものもこれによってなくなるかもしれませんから、この技術の普及は交通革命ともいうべきものともなる可能性もあります。

将来は自動運転車が当たり前になる

将来は自動運転車が当たり前になることが予想されます。その時期もかなり早いのではないかということが考えられます。何しろことの技術が確立されれば人が運転するという危険な行為をする必要がなくなります。まるでタクシーに乗っているかのように目的地に連れて行ってくれるわけですから、これ以上に便利なことはないといってもいいでしょう。しかも、安全に運転してくれるので、今より交通トラブルなどは確実に減ることが期待されます。暴走運転なども基本的にないので、速度違反などの車もなくなります。こうなると社会全体がこの技術によって大きく変わるということも考えられるようになります。単に安全に車がなるというだけではなく、社会のシステムもこれによって変わるので、この技術は将来当たり前になることも考えられます。