安全運転支援とは一体どのよなものなのか

安全運転支援とは人に代わって人工知能が車を運転してくれる技術です。つまり、コンピュータが自動的に運転をしてくれるというものです。人と違ってコンピュータは安全に運転をすることができるので、この技術が確立すると、今の人による交通トラブルが一切なくなるということが期待されている技術です。基本的に人のミスが無くなれば車のトラブルは無くなるとも考えられますから、この安全運転支援の技術が確立されて、ほとんどの車に導入されていくと、交通トラブルもほとんどなくなると考えられています。人工知能は確実に命令通りの事をするので、プログラムのバグや暴走がなければ、これ以上に安全に車を運転することは出来ないともいえるものです。少なくとも人が運転するよりは、はるかに安全な車が出来ることになります。

安全運転支援は夢の技術ではなくなった

誰しも車が一人で安全に動いてくれたらいいなと考えたことがあるのではないでしょうか。今までは、そんな夢のようなことがとも考えられていた技術ですが、これが夢ではなく現実の車で出来る技術となっているのが、今の安全運転支援の技術です。これくまでは、危険を感知してブレーキを踏む程度ことだったのですが、最近はその技術がどんどんと進化して自動運転という究極の目標まで到達しました。しかも、この技術は既に実験段階に入っていて、自動で運転された車が町中を走っているところもあるのです。もちろん、今はテスト段階ですから、人がハンドルを握っているのですが、人は運転をすることなく、握っているだけです。そして、危険なことがあれば、それを回避した上で技術の改善につなげていくということをしている段階です。

交通トラブルのほとんどが無くなるかもしれない

車で起きるトラブルのほとんどは人が要因となっています。ですから、これが人工知能に変われば、これがゼロに限りなく近くなることになります。何しろ人工知能はどんどんと経験を積んでその技術を改善していき進化していくことができるようになっています。つまり、ただでさえ安全性が高い技術になっているのに、底なしでその技術を高めることが出来るようになっているということです。ということは、これまでは交通トラブルになっていたようなことも対処できる可能性もありますし、基本的に交通トラブルになるような危険な状況を作らないようにするといったことも出来るようになっていきます。自動運転ですから、スピード違反というものもなくなります。そうなれば、今より確実に安全な交通というものが実現することになるでしょう。